腰痛の原因は「冷え」?
この時期から気を付けたい4つの「冷え腰痛」対策(後編)

腰痛の原因は「冷え」かも…… 「冷え腰痛」の見分け方

「なんだか腰が痛い……」冬になると、腰痛で苦しむ人が増える傾向にあります。そんな「腰痛持ち」の皆さん、その痛みの原因、特定できていますか?

お風呂に入り体が温かくなると、腰の痛みが楽になる、という人。このようなタイプは、冷えから起こる腰痛だと考えられます。

寒い季節特有の冷えからくる腰痛対策は、当然のことながら「冷やさないこと」が重要です。そこで、簡単に実践できる腰痛対策の中から、効果の高いものをいくつかピックアップしてみました。

(1)衣服での対策

下半身を冷やさないことがポイントなので、服装はパンツスタイルがおすすめです。スカートをはく場合には、必ず厚手のタイツやスパッツを併用しましょう。

足元はパンプスやヒールよりもブーツなどの保温に適したものを選ぶことがポイントです。足をめぐった血液は、心臓に戻るまでの過程で腰の付近を通ることになるので、足が冷えれば腰も冷え、しいては体全体が冷えてしまうことになりかねません。

また、最近ではさまざまなタイプの腹巻きも販売されています。着用するとかなり暖かいので、腰痛持ちの間でも好評のようです。

もっとピンポイントで温めたいときには、使い捨てカイロや温熱パットを利用するのもいいでしょう。肌に直接貼れるタイプの温熱用具もあります。

(2)食事での対策

ダイコンやゴボウ、アサリなど体の熱を冷ます食べ物はできるだけ控え、体を温める食べ物を積極的に摂るようにします。

体を温める食べ物とは、たとえば肉類なら鶏肉、魚介類ならイワシやエビ、カツオなど。野菜であれば生野菜を食べるのではなくスープや鍋などにしてカブ、ニラ、ショウガ、ニンニク、カボチャ、ネギの白い部分などをメインに入れるといいでしょう。また、これらの体を温める食材には、味噌仕立ての味付けがおすすめです。

普段の飲み物も、糖分の多い清涼飲料水や緑茶、ウーロン茶、麦茶、牛乳、コーヒーなどは体を冷やす傾向にあるようです。冬場は紅茶やジャスミン茶、ココナッツミルクなどを、できればホットで飲むようにしましょう。お酒なら赤ワインや日本酒、紹興酒がいいようです。

(3)仕事での対策

デスクワークや立ち仕事など同じ姿勢が続く場合、寒冷な場所である・ないに関わらず、体の筋肉を緊張させ、血行不良になってしまいがちです。定期的に体を動かすよう意識して、こまめに筋肉のコリをほぐす習慣をつけるようにしましょう。

同じ姿勢で作業するのは1時間までが目安です。1時間作業したら、一度は席をはずして体を動かすようにしましょう。腰の周辺の筋肉をほぐすため、上半身を前に折り曲げて延ばすストレッチなどがオススメです。

(4)入浴での対策

「面倒だから」とシャワーで済ませることが多い方は、できるだけお湯に浸かる日数を増やすことが必要です。シャワーだけでは体が十分に温まらず、冷えを貯め込む原因となります。

一方で、これは男性に多く見られますが、熱いお風呂に入るのが好きな人、要注意です。熱いお湯は、体の表面を急激に温めるだけで、お風呂から出るとすぐに体温は下がってしまいます。

一番いいのは、ぬるめのお風呂に時間をかけてゆっくり浸かること。体が芯から温まり、筋肉のコリもほぐれやすくなります。毎回が難しければ、週に1~2回「じっくりお風呂タイム」を設けるようにしたいものです。

日常生活での対策で「冷え腰痛」を撃退!!

直接肌に貼れてじんわりあたたかい 直貼製品ページへ

SHARE
  • LINEで送る
  • ツイート
  • facebook
  • 直接肌に貼れてじんわりあたたかい 直貼製品ページへ
  • “ボディケアのプロが語る!“冷え”と“疲れ”に届く生まれ変わった「直貼®」のススメ