ホットフラッシュって?

ほっとかないで、ホットフラッシュ。

 気温が高いわけでもないのに突然暑さを感じ、顔がほてったりのぼせたり、汗が出てきたりすることはありませんか? もしかしたらそれは更年期に起こる症状・・・ホットフラッシュかもしれません。

 女性は誰でも40〜50歳代ごろになると卵巣の働きが弱まり、徐々にエストロゲンの分泌量が減ってやがて閉経を迎えます。この閉経の前後5年の約10年間を更年期、この期間に現れるさまざまな症状の中で器質的変化に起因しない症状を更年期症状と呼び、それらの症状の中で日常生活に支障をきたすものを更年期障害と呼びます。
ホットフラッシュは、エストロゲンの減少によって血管を拡げる機能がうまく調節できず、必要以上の血液が流れ込んでしまい、暑さを感じたり顔が赤くなったりする更年期症状の1つです。

突然やってくるホットフラッシュのために、仕事やリクリエーションに積極的になれないとしたら、とてももったいないことです。
「ホットフラッシュかな?」と思ったら、ぜひ一度、お医者さんに相談してください。

更年期の様々な症状